07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

じゃがいも準備!

2013/02/27
じゃがいも(種イモ)の植え付けをやりたいのですが、
なかなか、都合と天候のタイミングが合わず、できていないです。

今日は、ヨメが圃場の草刈りです。
耕運して、土を乾かしたいのですが、今は湿っています。
しかーも今日は雨だし。
ここの圃場は昨年まで田んぼで使っておりました。
じゃがいもは比較的乾燥を好むので、出来るだけ乾いた土を作りたいと思っています。
とは言え、いいタイミングで雨が降るんですよねー。

作業段取りが天候で左右されるところが大変でもあり
ばっちり決まった時は最高の醍醐味でもあります。

スポンサーサイト
00:55 実践研修 | コメント(2) | トラックバック(0)

節目の節分

2013/02/03
なんだかんだで、いつの間にか2月に!つい先日が正月だったような気がします。
今日は節分。季節を分ける日。もう春なんですね

いよいよRed Riceも忙しくなってきました。
引っ越し、新入学、卒業、退職、就農。ビックイベントのオンパレードです!
そんな中、今日は師匠からお借りしていた圃場を原状復帰、整地してきました。
最初は耕運機の「陽菜」でやっていましたが、なかなか進まず、昼前でタイムオーバー。
そんな中、師匠が見に来てくださり、トラクターを使わせていただけることに!



・・・ぜーんぜん、スピードが違います! 
おそらく、10倍は違うんじゃないかなー。
トラクターは要りますね!実感しました。

師匠のブログにもありましたが、「金で解決できることは、金で解決すればいい」
そうですよね! 言い換えれば「時間を金で買う」ってことかな。
「時は金なり」本当にそう思います。
いかに与えられた時間で結果を出すか。この時間管理は重要ですね。

同じブログにあった、電熱マットの話、これも買いました。
発芽するかしないかは、その後の結果に著しく影響します。
ここはコストをかけるべきだと判断しました。
気持ちの中では、エコで踏み床温床をやりたいなという気持ちもありますが、
まずは発芽させることが重要と考ています。

23:31 実践研修 | コメント(2) | トラックバック(0)

ホームページができました

2013/01/09
発表しまーす!

Red Rice 自然農園のホームページができました!

師匠からの課題で、夏ごろから言われていたのですが、やっとなんとか形にできました。
いまだに作り方がよくわからないのですが、
どんどんリメイクしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします

Red Rice 自然農園 ホームページURL
http://redrice.web.fc2.com/
00:21 実践研修 | コメント(1) | トラックバック(0)

冬野菜が少なくなってきました

2013/01/08
最近、野菜のお問い合せをいただくようになってきました。

が、かんじんのお野菜がなくなってきました

葉ものの野菜がほとんど終了し、あとはにんじんが少々。
本当なら、大根やカブ、ブロッコリーがどんどん採れているはずなんですが、
水はけのよくない場所に作付してしまい、生育不良で、あまり出荷できず。
もっと土の状態を見極めてから、作付品種を決めるべきだったと猛省中。

そんな中、貴重な「小松菜」に異変が・・・


F1000611.jpg

ありゃ!? 葉っぱがなーーーい!

なんで茎はあるのに葉っぱだけ!??

どうも、カラスが食べたようです。

あまりにも見事に葉っぱだけたべられているので、笑ってしまいました。

さあ、春夏野菜は、しっかり計画して、たくさん作るぞー!

P.S. 野菜は少なくなってきていますが、お問い合わせは大歓迎です。
   興味を持たれた方は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。
01:04 実践研修 | コメント(4) | トラックバック(0)

食べ比べ

2012/11/26
だんなです。

今日は小松菜のお話し。

Red Rice でも小松菜を栽培しているのですが、正直あまり売れていません。
その割に、食害が多く、収穫時の選別が大変なんです

で、とある場所の小松菜を買ってきて、当農園の小松菜と食べくらべしてみました。
値段差は約半分。調理条件は、全く同じで、おひたしにしてみました。
パネリストは我が子6歳、3歳、ヨメ3○歳

結果は、やらせじゃないですが、当園の小松菜がみんなおいしいと言いました。
大人はまだしも、子供は全く何も知らないので正直な意見だと思っています。
私も食べてみての感想。
①とある小松菜・・・茎がやわらかい。味はあまりしない。最後にピリッとくるものがある。
②Red Rice の小松菜・・・茎がシャキシャキ。噛むと甘味がある。えぐみなし。

食べてみるまではドキドキでしたが、実際に食べ比べるとよくわかりました。
これが無肥料で育てた、自然栽培の野菜なんだと。
①はおそらく化学肥料で育っていると思われます。
化学肥料で育てると、よく育ちますが、細胞が急成長しながら育つので
味の薄い、ピリッと刺激のある味になります。
自然栽培は、ゆっくりと育ち、細胞がきめ細かくなります。
なので、肥料を使った野菜より、見た目以上にずっしりしてます。

ちなみに、有機野菜は、動物性の肥料を使うことがあり、アミノ酸などの
旨味成分を吸収して旨味が増します。

ただ、投入しすぎると栄養過多(窒素過多)になることもあり、硝酸態窒素を多く含むことになります。
硝酸態窒素は、酸化力が非常に強く、ヘモグロビンと結合して、体を酸欠状態にします。
また、ニトロアミンという化合物に変化することがあり、発がん性があるそうです。

自然栽培の野菜は、濃い味ではないですが、噛むと野菜本来の甘味がします。
そして硝酸態窒素が少ないです。
(硝酸態窒素は植物が育つのに必須の栄養素。与えすぎると、蓄える)
魚で例えると、自然栽培の野菜は天然の鯛。慣行や有機の野菜は養殖の鯛。
という感じでしょうか。
ただし、有機でも植物性、動物性の肥料を使い分けるなど、それぞれ違いますので
ひとくくりには言えませんが。

ちょっと、難しい話になってしまいましたが、
こどもがおいしいと言って完食してくれたのが何よりです!


00:32 実践研修 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »