FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

稲妻

2012/05/18
昨晩は、急にかみなりが鳴って、しばらく後に雨が降りました。

かみなりって聞くと、こわーい!と感じる人も多いとと思いますが、
実は、農家にとってはありがたい存在だったりもするわけです。

かみなりは別名、稲妻ともいいますよね。
これ、稲の妻と書いて、雷が鳴ると、稲がよく育つという昔からの教えが語源のようです。

なぜ、雷が鳴ると育つのか?
これは空気中の窒素(N)が、かみなりで硝酸(NO3)に変わり、硝酸が雨水に溶けて
地面に降り注ぎます。
この状態は硝酸態窒素と呼ばれ、植物の肥料になります!
植物は硝酸態窒素からアミノ酸やたん白質を作って成長します。

だから、雷が鳴ると植物が育つんですね。

事実、うちの苗も昨日の雨のあと、一回り大きくなっていました!これホント。
昔の方ってすごいなーと改めて思います。

なんか今日はちょっと難しい化学の話になってしまいましたが、
最近思うのは、農業って理論、理屈も大事だなと思います。
なんとなくやるっていうのはあかんですな。
スポンサーサイト



23:32 研修 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |