09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

4年目の節目に思うこと

2016/06/03
6月になりました。

なんやかんやで、このRed Rice 自然農園も4年目に突入です。
丸3年続けたということで、まずは最初の一山を超えたかな。
石の上にも3年。
3年座りつづければ冷たい石も暖かくなる、あきらめずに辛抱すればなんとかなる!
ってとこでしょうか。

いよいよここからは第2ステージです。
永続的に続けていくにはどうすればいいのか、
これからが、プロとしての真価を問われるところでしょう。

ひとつの節目として、いままでに感じた事などをまとめておこうと思います

①儲かるのか?
よく聞かれるので、最初に書きます。
初対面でいきなり「儲かるの?」って聞かれることが多いのですが、
どう答えればいいのか分からないので、「儲かりません」って答えています。
けっこうこれはひっかかっています。
ぼくには、儲かるならやる、儲からないならやらない。
って聞こえてしまいます。
でも、お金は人の役に立ったあとの対価であって、
考え方や活動内容が大切なんちゃうかなーと思います。
なので、質問の順序が逆と思ってます。

はっきり言って、自然栽培は大量生産、大量消費の流れには入れません。
自然な量しかできないです。
なので、笑いが止まらないような儲け方はできない方法です。
だけど、一般的な生活を営むことはできるんじゃないかと思ってます。
まだその域には到達してませんが手ごたえはアリ。

二宮尊徳の言葉
「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」
このどちらにもならないよう、これからも精進します。

②肥料を使わなくても育つ?
これは、ハイ。
ただし、いろいろ条件はありますが、
その条件が満たされていれば、肥料は使わなくていいと感じてます。
条件が一番いいのは、長年使われていない遊休農地。
一番良くないのは、計算せずに化成肥料などを投入しまくった、家庭菜園の跡地。
地力が全くないです。
あとは排水性などの物理性ですね。

③農薬は必要ない?
これも、ハイ。
肥料を使わないとあまり来ないようです。
来てもめちゃくちゃなことにならないです。
弱っている株は虫がめっちゃ来ます。
そしてそのまま淘汰されます。時には復活します。
虫が来るから弱るんじゃなくて、弱ったから虫が来る。
これめっちゃ感じます。
人間の病気といっしょですね。
虫の知らせ。何かがおかしいことを教えてもらってます。

以上
もっといろいろあるんですが、とりあえずこんなところで。
これからも明らめずに、明るい未来を想像して頑張りまーす!
いつも応援(拍手)ありがとうございます

2016060312030000.jpg



スポンサーサイト
20:47 自然栽培への思い | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
お久しぶりです、ふじこの妹まりこでーす。ときどきブログ見てます❗もう4年目に突入なんですね❗

私は約一年前に息子を出産し、育休中です。ちなみに今回も育休が姉と重なりました(笑)


息子の離乳食を始めるのに、岡崎で食育講座を受けたことで今まで知らなかった農薬のことや食品添加物のことについて色々と知れたり、重ね煮や麹料理を学んだり、食に向き合う機会が増えました。

そして改めて大切に育てられたお野菜さんたちなんだなぁって思いました。

儲かる云々の話、お買い物は投票なんだそうです!!

三愛さんへ投票しに行きますね🎵
Re: タイトルなし
どーもお久しぶりです!コメントありがとう!

なんやかんやで、4年がたったよ~。
相変わらずバタバタ暇なしでやっとりまーす(笑)

まりっぺも育休中なんやね。育児に家事に大変やね!がんばってー☆
小学校に入ってくれたら、ちょっと楽やわ。両方ともね^^;

ぼくらも食の意識がより変わったのは、子供が生まれてからやわ。
そして、最終的に、食の生産者になりましたー(^^ゞ 変わりすぎ~~。

これからも応援、投票、よろしくお願いしまーす☆
またね~。


管理者のみに表示